老後と不動産

サブメニューを開く

老後と不動産

不動産所有者が高齢で老後の所有不動産について、どうしたらよいか不安である。

問題点(持分物件)

① 老後の不動産の取扱(不動産整理・処分)が不安だ。
② 配偶者・子供・相続人がいないので不安である。
③ 所有者本人や配偶者が高齢で体調に不安がある。(老化による体力低下・病気・痴呆症など)
④ 年金収入だけで、安定収入が無く生活に不安がある。

解決策

① 早期に不動産整理をして、現金化し手持ち金を保有することで安定(安心)生活につなげる。
② 配偶者・子供・相続人との親好を深め良好な関係を作ること。
③ 不動産所有者が痴呆症になってしまった場合は、速やかに成年後見人制度をご利用する事をお勧めします。

サブメニューを開く

お気軽にご相談ください

CONTACT US

メールで問い合わせる

フォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

お電話での問い合わせは

受付時間 10:00〜18:00 (水曜定休)
052-901-9898
Fudousan Plugin Ver.5.2.1