債務整理の種類

サブメニューを開く

住宅ローン債務や借金を返済できなくなった債務者の為の様々な法律が存在します。これらの法律を利用することで債務(借金)を減らすことが出来たり、住宅を手放さなくても良くなる場合があります。

任意整理

任意整理とは主に、金融機関・消費者金融に対する高金利で支払った部分の過払い請求などを目的とした債務の圧縮を行う制度をいいます。金融機関・消費者金融などに対する、いわゆるグレーゾーン金利部分で、それまで利息制限法の上限金利(15~20%)を超えて請求されていた利息に関しては撤廃され、過払い請求が出来るようになりました。

債務整理のメリット・デメリット

任意整理は裁判所による手続きではなく、弁護士や司法書士の先生方の対応によって債務圧縮につながります。

メリット

・家族に知られずに手続きができる。
・不動産や車など特定の債務を残して手続きができる。
・ギャンブル等による浪費等、免責不許可事由が無い。
・手続きが簡単で対応が早い。
・返済プランに対して希望が見いだせる。

デメリット

・債務内容によっては圧縮できない場合があり、必ずしも借金が減るとは限らない。
・グレーゾーン金利が該当しないなど債務圧縮額が減る場合がある。

  任意整理 自己破産 民事再生 特定調停
主な特徴 グレーゾーン金利の過払い請求などが容易。 免責により借金がゼロになる。 財産を保持したまま大幅な借金の減額が出来る。 個人で出来る為、掛かる費用が安い。
おおよその費用
※あくまでも目安です
着手金2~3万円
成果報酬など債務が国より異なる。
2~50万円
自分で行うか、弁護士などに依頼するかにより異なる。
40~70万円程度 数千円~数万円
残る債務 過払いが有る場合には、過払い分を含めて大幅に減額できる。 免責が認められれば全ての借金が無くなる。 1/5程度を目標に減額できる。 過払い請求は別に行う必要がある。
月々の返済額 希望を考慮のうえ調整。 借金は無くなる。 裁判所が決定。
不動産ローンは別途。
3年程度で完済できる額。
財産の処分 原則不要。 全ての財産が処分の対象。 不要 不要
ブラックリスト化 記載される。 記載される。 記載される。 記載される。
その他 家族に知られること無く手続きが出来る。 保証人に請求がいく。 住宅ローンの支払期間延長が出来る場合がある。 調停できない場合がある。
サブメニューを開く

お気軽にご相談ください

CONTACT US

メールで問い合わせる

フォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

お電話での問い合わせは

受付時間 10:00〜18:00 (水曜定休)
052-901-9898
Fudousan Plugin Ver.5.2.1